スマホはゲームとメール確認ばかりに使用

スマホを使い始めてから、正直使い難いという印象は今でもあります。

元々デスクトップやノートパソコンを使用していたので、スマホでの検索は面倒に感じますし、文字入力も使い辛いです。

ただし、携帯電話でポケットに持ち運び自由なネット接続環境というのは、ちょっとした合間に何かをするには便利すぎます、スマホのみで何かをするという事も十分可能ですが、デスクトップパソコンのメールを確認したり、SNSを軽くチェックしたり、呟いたりとメール関係には非常に便利で、ゲーム等でも活躍してくれます。

暇な時間にちょっとした事をしたり、デスクトップなどの中継的な使い方をするのが非常に便利で何時の間にか完全に生活の一部になってしまった感があります。

スマホでらくらく☆お小遣い稼ぎ!

最近、景気はよくなってきたものの、お給料はすぐには上がらないですよね・・・

そんな時にお勧めなのが、スマホで簡単に稼げるお小遣いアプリ!

私も存在を知ってすぐの時は、怪しいんじゃないかと思ってしまっていました。

しかし、指定されたアプリを落として、アプリのダウンロード数に貢献すると30円ほどもらえるなど、広告の仕組みが分かりやすいので安心だということに気づきました。

お小遣いアプリには毎日ゲームが遊べるものもあるので、ゲーム感覚で楽しくお小遣いを稼ぐことができます。

アプリに貯めたお小遣いは、銀行に振り込むこともできるので、管理がしやすいです。

手数料なしで、コンビニのプリペイドカードなどにお小遣いを振り込むこともできます!

スマホのお小遣いアプリ、おすすめですよ!

気になるバッテリー

ビデオカメラは、最近水中でも写せるものが家庭用で出てきています。
お子さんのスイミングを水中の中から映せるのです。
その他、撮った物を気軽にパソコンで編集したりも出来ます。
ビデオカメラの以外に一番気になるのは、バッテリーだと思います。
特に長けた機能があるような物は、とても良くバッテリーがなくなります。
携帯電話などで、誰でもそのバッテリーに悩まされた事があると思いますがやはりビデオカメラで
撮ろうと思う時にバッテリーがなくなっていると、本当に最悪ですよね。
なのでバッテリーはいくつか余分に買っておいたほうがいいでしょう。
それにバッテリーの充電器も一緒に持ち歩けば、もしもの時の為によりいいでしょう。
ビデオカメラは本当にそれだけが欠点だと思います。

関連記事

運動会ではビデオカメラレンタルしよう

ビデオカメラの何を重視するか

ビデオカメラの選び方には自分が何を一番重視するかにあります。
ビデオカメラは本当にさまざまなタイプが出ています。
軽さ重視のもの。使い方重視の物。ズームが長けている物。長時間撮影できる物。
基本的に手振れは綺麗に補正される物が多いのが最近の特徴です。
ですが、皆で一緒に撮りたいとなればカメラの用に三脚に置いて撮影出来るオプションを購入する事が必要です。
レンタルするのであれば、一緒にこの三脚もレンタルしましょう。
例えば、毎年子供のお誕生日のケーキのろうそくを消すシーンをビデオカメラに収めていくのならば、
やはり家族全員がそのシーンに映って要る方がいいですよね。
毎年撮り溜めた物を、家族全員の姿を見比べる事が出来ます。

ビデオカメラの特徴

ビデオカメラは、安くていいものもありますが買うとなるとなかなか考えてしまうかも知れません。
家庭では使う時が限られているからです。
大体の人が、子供の成長の節目に使おうと考えます。
なので、持っている人にビデオカメラを借りる。または親兄弟など持っている人にビデオカメラを借りる。
そしてレンタルをする。と言う選択もあります。
ビデオカメラをレンタル出来るところは以外に沢山あります。
節目節目で借りて、その都度最新のビデオカメラを使って子供の成長を記録して行くのもいい選択だと思います。
また、ビデオカメラで撮った映像はパソコンでその一番いい瞬間をプリント出来ることも出来、カメラと違い
その瞬間を捉えることが出来るのもビデオカメラの特徴です。

ビデオカメラの使いこなし

ビデオカメラは、取ったらスティックなどに保存するのでいくら撮り溜めても、場所を取りません。
またそのスティックを遠方に住む、おじいちゃんおばぁちゃんに送ってもパソコンですぐに見られるように
なっています。もし、おじいちゃんおばぁちゃんがスティックが使えないならば、CDに焼いて送るとすぐに
DVDプレイヤーで見ることが出来ます。これは何よりのプレゼントです。
今まで、ビデオカメラにあまり触れることがなかった人でも簡単に、焼いたり撮ったりと出来るようになっているので
気軽に子供の成長も記録して行けます。そして気軽に編集できるようになっています。
また、女性向けのビデオカメラもありますので、操作の簡単な軽量な物を選ぶようにしましょう。

 

 

関連記事

ビデオカメラのいろいろな記録方式